コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱害調停 こうがいちょうてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉱害調停
こうがいちょうてい

鉱害賠償の紛争に関する調停。 1939年の旧鉱業法改正 (昭和 14年法律 23号) により初めて設けられ,同法中に規定されていたが,51年に民事調停法 (昭和 26年法律 222号) が制定された際に,調停法規統合の趣旨に基づいて同法中に吸収された (民事調停法 32,33) 。鉱害調停は通常その規模が大きく社会的性質をもつ点で農事調停 (小作調停) に類似するので,農事調停に関する規定が準用されている (33,27~30条) 。また訴訟による解決よりも仲裁的解決に親しむ点で商事調停に類似するので,商事調停の場合と同じく,調停委員会の仲裁的権限を認めている (33,31条) 。管轄は損害発生地を所轄する地方裁判所であり (32条) ,その他の手続については民事調停法の通則の定めるところによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

鉱害調停の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児マキノ雅広吉村公三郎大庭秀雄清水宏森一生第2次世界大戦恐怖映画田坂具隆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android