コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反射能 ハンシャノウ

4件 の用語解説(反射能の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はんしゃ‐のう【反射能】

光などが物体表面に垂直に入射するときの、入射エネルギーに対する反射エネルギーの比。金属は一般に大きいが、黒い物体は放射を吸収するので反射能がごく小さい。→アルベド

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はんしゃのう【反射能】

ある物体の表面に入射した光のエネルギーに対する、物体からあらゆる方向に反射した光のエネルギーの割合。月や惑星の明るさは入射した光の何割が反射されるかで決まる。 → アルベド

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反射能
はんしゃのう

反射率」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

反射能
はんしゃのう
Albedo

惑星や衛星などが太陽の光を受けた場合、その光が反射されてあらゆる方向に拡散した光の総量の、その天体に入射した光に対する比を反射能またはアルベドという。光の波長により異なるが、普通、可視光の範囲で考えられる。太陽系の惑星の反射能は、金星が0.78、火星がおよそ0.16などであり、地球は0.40、月は0.07である。惑星の表面の小部分をとり、その部分だけの反射光の入射光に対する比をとって反射能を定義できるが、その場所の性質や入射光の角度によって変化をする。普通、天体の表面はざらざらで、一度物質に当たって反射した光が、そばの他の物質に当たって何回も反射して外部へ放出されることもあるが、一度の反射のみで何%が反射されるかを示す反射能をボンド反射能という。[関口直甫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の反射能の言及

【アルベド】より

…物体の表面に入射した光は,一部は物体に吸収され,残りはいろいろな方向に反射される。この場合の入射光と反射光のエネルギーの比をアルベドまたは反射能という。理想的な鏡面は入射光を完全に反射するのでアルベドは1,黒体は完全に吸収してしまうのでアルベドは0である。…

※「反射能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

反射能の関連キーワード代謝拮抗物質活性化剤含有量着料然る物流動物祝物精密蒸留担保物取る物も取り敢えず

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

反射能の関連情報