コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀札 ぎんさつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銀札
ぎんさつ

江戸時代,銀貨を引替えの対象として発行された紙幣幕府統制もゆるやかで,諸藩をはじめ,旗本寺社,組合,私人の発行した例もあるが主として西国に流通した。最古のものは元和6 (1620) 年頃大坂商人が江戸堀開削のため発行したものであるが,藩札としての最古のものは寛文1 (61) 年福井藩のものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎん‐さつ【銀札】

銀製のふだ。また、銀色のふだ。
江戸時代、諸藩が発行した銀貨代用の紙幣。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎんさつ【銀札】

銀製のふだ。また、銀色のふだ。
江戸時代、諸藩で発行した銀貨代用の紙幣。諸藩の藩札や私札など。銀切手。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の銀札の言及

【紙幣】より

…これは保証準備額の固定を避けた点で,より多く銀行主義的であるといえる。
[日本]
日本日本における広義の紙幣の発展史をみると,古くからの記録に残っているものには後醍醐天皇の時代(1319‐39)の楮幣(ちよへい),南北朝末期吉野地方の手形(組合札),慶長年間(1596‐1615)以後の伊勢の端書(はがき)(羽書),元和年間(1615‐24)の大坂の銀七分札(元和札),伊勢の丁銀札,堺の銀札など局地的な紙幣の発行がある。江戸中期以後,諸藩および旗本の封内で通用した国札(藩札),慶応年間(1865‐68)以後の幕府の金札の出現によって広範な通用力をもつ政府紙幣の発行をみる。…

【藩札】より

…江戸時代に諸藩が発行した紙幣。最初の藩札は1661年(寛文1)越前国福井藩で発行した銀札であった。藩札の発行に先立って,江戸初期には伊勢,大和,河内,和泉,摂津の諸地域で私札の発行が見られ,それが寛文期以降における藩札の続発を生むに至った。…

※「銀札」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銀札の関連キーワード黒沢庄右衛門茶屋小四郎川喜田政明鍋島宗茂佐竹義敦松平不昧佐竹義明佐竹騒動戸田氏西深野紙幕府札金春流銀色銀製

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android