コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀鮭 ギンザケ

デジタル大辞泉の解説

ぎん‐ざけ【銀×鮭】

サケ科の魚。全長約80センチ。背は藍色で小黒点が散在。幼魚期を河川で過ごしたあと海に下り、このころ銀灰色となるので銀毛(ぎんけ)とよばれる。海に入り1年ほどで成熟し、生まれた川に帰って産卵する。北太平洋に分布。ぎんます。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎんざけ【銀鮭】

サケ目の海魚。全長75センチメートルほど。背面は藍色、体側は銀白色で、小黒点が散在する。川にのぼって産卵し、産卵時は腹面が淡桃色になる。缶詰・塩蔵品とする。北太平洋に広く分布。ギンマス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

銀鮭 (ギンザケ)

学名:Oncorhynchus kisutch
動物。サケ科の遡河性魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

銀鮭の関連キーワードギンマス塩蔵品銀白色缶詰背面海魚腹面体側