コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅鮭 ベニザケ

2件 の用語解説(紅鮭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

べに‐ざけ【紅×鮭】

サケ科の海水魚。全長約60センチ。体色は背側と各ひれが青黒色、腹側が銀白色。外洋を回遊し、秋、繁殖のため、上流に湖のある川を上る。このとき雌雄とも頭と尾びれのほかは鮮紅色の婚姻色を示す。北太平洋に広く分布。この陸封型ヒメマス。肉は紅色で美味。べにます。べに。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

べにざけ【紅鮭】

サケ目の海魚。全長約85センチメートル。体形はサケに似る。背は青黒色、腹は銀白色。産卵期には体色が紅色になり、特に雄では顕著。秋から冬にかけて川を上り上流の砂礫底に産卵する。肉は赤みが濃く美味。北海道から北アメリカにかけての北洋に分布。本種の陸封型がヒメマス。ベニマス。ベニ。 → さけ(鮭)

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紅鮭の関連情報