鮭/鮏(読み)サケ

デジタル大辞泉の解説

さけ【×鮭/×鮏】

サケ目サケ科の海水魚。全長約1メートル。体は長い紡錘形で側扁し、尾びれ近くに脂びれがある。背側は暗青色、腹側は銀白色。北太平洋を広く回遊し、河川に上って産卵する。産卵期の雄は吻(ふん)が鉤(かぎ)状に曲がるので、俗に鼻曲がりとよばれる。肉は淡紅色で美味。卵は筋子(すじこ)イクラとして賞味される。シロザケ。しゃけ。 秋》「―のぼる古瀬や霧のなほまとふ/秋桜子
サケ科の海水魚の総称。サケ・ベニザケギンザケカラフトマスサクラマスビワマスマスノスケの7種がある。産卵期には遡河(そか)し、孵化(ふか)した幼魚は河を下り、海に出て回遊し、母川に戻る。

しゃけ【×鮭】

さけ(鮭)」に同じ。

さけ【鮭】[作品名]

洋画家、高橋由一による油絵。縦長の画面に、縄で吊るされ身を欠き取られた新巻鮭を描いたもの。明治8年から12年(1875~1879)頃の作。東京芸術大学所蔵。国指定重要文化財。鮭図。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃけ【鮭】

〘名〙 =さけ(鮭)
※喰物生類むり問答(1830‐44)三「寺にあらずして栗といふがいかに、宮にあらねど鮭(シャケ)といふがごとし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android