鮭/鮏(読み)サケ

デジタル大辞泉の解説

さけ【×鮭/×鮏】

サケ目サケ科の海水魚。全長約1メートル。体は長い紡錘形で側扁し、尾びれ近くに脂びれがある。背側は暗青色、腹側は銀白色。北太平洋を広く回遊し、河川に上って産卵する。産卵期の雄は吻(ふん)が鉤(かぎ)状に曲がるので、俗に鼻曲がりとよばれる。肉は淡紅色で美味。卵は筋子(すじこ)イクラとして賞味される。シロザケ。しゃけ。 秋》「―のぼる古瀬や霧のなほまとふ/秋桜子
サケ科の海水魚の総称。サケ・ベニザケギンザケカラフトマスサクラマスビワマスマスノスケの7種がある。産卵期には遡河(そか)し、孵化(ふか)した幼魚は河を下り、海に出て回遊し、母川に戻る。

しゃけ【×鮭】

さけ(鮭)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例