コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋸鮫 ノコギリザメ

デジタル大辞泉の解説

のこぎり‐ざめ【××鮫】

ツノザメ目ノコギリザメ科の海水魚。全長約1.5メートル。(ふん)は長く伸び、その両側に鋭いとげが並んで鋸状をし、中央部付近に一対のひげがある。体色黄褐色腹面は淡い。吻で魚を殺し、また海底を掘り起こして小動物を食べる。卵胎生南日本に多く産し、高級かまぼこの原料。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のこぎりざめ【鋸鮫】

ツノザメ目の海魚。全長1.5メートルに及ぶ。体は細長く、吻ふんは平たく、剣状に長く突き出し、その両側に鋭いとげが並んで鋸状をなす。吻で海底の泥を掘り起こし、吻にある一対のひげで小動物を探して食べる。日本近海に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鋸鮫 (ノコギリザメ)

学名:Pristiophorus japonicus
動物。ノコギリザメ科の海水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鋸鮫の関連キーワードツノザメ海魚

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android