コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葦切鮫 ヨシキリザメ

デジタル大辞泉の解説

よしきり‐ざめ【×葦切×鮫】

メジロザメ科の海水魚。全長約3メートル。体は細長い紡錘形で胸びれが長く、緑青色。性質は荒く人も襲う。熱帯から冷帯の外洋に分布。肉は練り製品の材料、ひれは中国料理の「ふかのひれ」として上等品。 冬》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よしきりざめ【葦切鮫】

ネズミザメ目の海魚。全長6メートルに達する。体はやや細長く、胸びれは長い。背面は藍青色で、腹面は白い。性質は獰猛どうもう。肉は蒲鉾かまぼこなど練り製品の材料、ひれは「鱶ふかひれ」として中国料理に使われる。熱帯から亜寒帯まで広く分布。ミズブカ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

葦切鮫 (ヨシキリザメ)

学名:Prionace glauca
動物。メジロザメ科の海水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

葦切鮫の関連キーワードネズミザメミズブカ亜寒帯海魚腹面