コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌倉九代後記 かまくらくだいこうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎌倉九代後記
かまくらくだいこうき

史書。1巻。作者未詳。江戸時代中期頃の成立と推察される。室町時代の関東を中心とした政治史。前半は鎌倉公方 4代と古河公方 5代にわたる時期を扱い,後半は天正 18 (1590) 年,豊臣秀吉小田原征伐までの関東諸将の対立抗争を描いている。『史籍集覧所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎌倉九代後記
かまくらくだいこうき

南北朝~戦国期の史書。1巻。著者、成立年代ともに未詳。足利基氏(あしかがもとうじ)が鎌倉公方(くぼう)として東国に下向して以後、氏満(うじみつ)、満兼(みつかね)、持氏(もちうじ)の鎌倉公方と持氏の子成氏(しげうじ)から始まり、政氏(まさうじ)、高基(たかもと)、晴氏(はるうじ)、義氏(よしうじ)に至る古河(こが)公方の9代にわたる歴史を各代ごとに記している。後半は後北条(ごほうじょう)、武田、上杉、里見らの戦国大名の関係を中心に述べ、1590年(天正18)の後北条氏の滅亡で終わっている。『改定史籍集覧』所収。[伊藤喜良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鎌倉九代後記の関連キーワード後北条氏

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android