コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌倉九代後記 かまくらくだいこうき

2件 の用語解説(鎌倉九代後記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎌倉九代後記
かまくらくだいこうき

史書。1巻。作者未詳。江戸時代中期頃の成立と推察される。室町時代の関東を中心とした政治史。前半は鎌倉公方 4代と古河公方 5代にわたる時期を扱い,後半は天正 18 (1590) 年,豊臣秀吉小田原征伐までの関東諸将の対立抗争を描いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎌倉九代後記
かまくらくだいこうき

南北朝~戦国期の史書。1巻。著者、成立年代ともに未詳。足利基氏(あしかがもとうじ)が鎌倉公方(くぼう)として東国に下向して以後、氏満(うじみつ)、満兼(みつかね)、持氏(もちうじ)の鎌倉公方と持氏の子成氏(しげうじ)から始まり、政氏(まさうじ)、高基(たかもと)、晴氏(はるうじ)、義氏(よしうじ)に至る古河(こが)公方の9代にわたる歴史を各代ごとに記している。後半は後北条(ごほうじょう)、武田、上杉、里見らの戦国大名の関係を中心に述べ、1590年(天正18)の後北条氏の滅亡で終わっている。『改定史籍集覧』所収。[伊藤喜良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎌倉九代後記の関連キーワード林為龍藤原洞谷牧菴桜雲記福富草子あきみち旧事紀浜出きのふはけふの物語作者未詳歌

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone