コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌倉節

3件 の用語解説(鎌倉節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

鎌倉節

奈良県の民謡。酒宴の際に歌われる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鎌倉節 かまくら-さだめ

1930-2014 昭和後期-平成時代の官僚。
昭和5年4月27日生まれ。昭和29年警察庁にはいり,警視庁捜査二課長をへて,53年公安部長。防衛情報をソ連側に提供した元陸将補宮永幸久の逮捕を指揮した。60年警視総監。61年東京サミットの警備にあたる。平成5年日本自動車連盟会長。8年宮内庁長官。平成26年10月25日死去。84歳。高知県出身。東大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

かまくらぶし【鎌倉節】

「鎌倉の御所のお庭で十七小女郎が…」という歌詞の唄、またその類歌。江戸時代以前のものか。関東地方や静岡県に祝い唄・祭礼踊り唄として残っており、種々の節で唄われる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎌倉節の関連キーワード重田保夫鈴木貞敏角田達郎夏目晴雄西広整輝松本作衛村松岐夫矢崎新二山本悟吉野良彦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鎌倉節の関連情報