鎌倉節(読み)かまくら さだめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「鎌倉節」の解説

鎌倉節 かまくら-さだめ

1930-2014 昭和後期-平成時代の官僚
昭和5年4月27日生まれ。昭和29年警察庁にはいり,警視庁捜査二課長をへて,53年公安部長。防衛情報をソ連側に提供した元陸将補宮永幸久の逮捕を指揮した。60年警視総監。61年東京サミットの警備にあたる。平成5年日本自動車連盟会長。8年宮内庁長官。平成26年10月25日死去。84歳。高知県出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「鎌倉節」の解説

かまくら‐ぶし【鎌倉節】

〘名〙 幕末から明治にかけての流行唄の一つ。「鎌倉の御所のお庭」という歌詞からの名。木遣(きやり)音頭から出たので木遣くずしともいう。江戸の飴屋がうたい始めて流行した。
※歌舞伎・勧善懲悪孝子誉(1877)序幕「此見得波の音飴売の鎌倉節(カマクラブシ)にて幕明く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android