鎌田観応(読み)かまた かんおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鎌田観応 かまた-かんおう

1849-1923 明治-大正時代の僧。
嘉永(かえい)2年5月11日生まれ。真言宗。万延元年出家。17歳のとき高野山にのぼり,良基らに密教を,旭雅らに倶舎(くしゃ),唯識(ゆいしき)をまなぶ。明治初年から高野山大学林でおしえ,学頭,法印歴任。東寺派管長をへて大正12年高野派管長となった。大正12年8月8日死去。75歳。本姓松下

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android