コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮西派 チンゼイハ

大辞林 第三版の解説

ちんぜいは【鎮西派】

浄土宗の一派。京都智恩院が総本山。開祖は法然の弟子聖光(弁阿)で、特に鎮西で布教。諸行往生を認める。のち六流に分かれた。鎮西流。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の鎮西派の言及

【浄土宗】より

…同寺は北九州地域の浄土宗の中核となった。鎮西に勃興した弁長の門流を鎮西派といい,弁長の弟子良忠によって関東に教線をのばした。良忠は鎌倉で著作と布教に専心し,理論的指導者として活躍,浄土宗典註疏を大成し,また関東浄土宗発展の貢献者となった。…

【弁長】より

…鎌倉前期の浄土宗の僧。鎮西派の祖。聖光(しようこう)房,弁阿と号す。…

※「鎮西派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鎮西派の関連キーワードアルフォンソ9世オタカル1世北条時氏ベレンガリア鐘の岬キンバリー次世代スーパーコンピューター淀川水系4ダム淀川水系4ダム計画崇福寺

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone