コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮西派 チンゼイハ

デジタル大辞泉の解説

ちんぜい‐は【鎮西派】

浄土宗の一流派。1230年代に法然の弟子、聖光房弁長によって始められ、九州で広められた。念仏往生のほか、念仏以外の善行による諸行往生をも認める。江戸時代、知恩院増上寺を中心に強い勢力をもつに至り、現在の浄土宗の主流をなす。鎮西流。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちんぜいは【鎮西派】

浄土宗の一派。京都智恩院が総本山。開祖は法然の弟子聖光(弁阿)で、特に鎮西で布教。諸行往生を認める。のち六流に分かれた。鎮西流。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鎮西派の言及

【浄土宗】より

…同寺は北九州地域の浄土宗の中核となった。鎮西に勃興した弁長の門流を鎮西派といい,弁長の弟子良忠によって関東に教線をのばした。良忠は鎌倉で著作と布教に専心し,理論的指導者として活躍,浄土宗典註疏を大成し,また関東浄土宗発展の貢献者となった。…

【弁長】より

…鎌倉前期の浄土宗の僧。鎮西派の祖。聖光(しようこう)房,弁阿と号す。…

※「鎮西派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鎮西派の関連キーワード聖光房弁長選択本願五重相伝願行具足浄土真宗浄土八祖無量光寺聖光上人総本山大樹寺見玉尼蓮華寺善導寺澄円聖冏他阿開祖一派聖聡道光