長井盆地(読み)ながいぼんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「長井盆地」の解説

長井盆地
ながいぼんち

山形県南部中央,最上川上流部にある盆地米沢盆地北部,最上川と野川の合流付近に形成された沖積盆地。地溝状で南北に細長く,眺 (ながめ) 山で南東の米沢盆地と区分される。川の段丘面には桑園が広がり,氾濫原は水田地域。南部は長井市,北部は白鷹町が中心。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「長井盆地」の解説

ながいぼんち【長井盆地】

山形県南部の盆地。長井市,西置賜(にしおきたま)郡白鷹町,飯豊(いいで)町北半に広がり,面積約120km2。南北約20kmの細長い断層盆地で,玉庭丘陵北端部の眺山(324m)と白鷹丘陵南端の今泉山(282m)を結ぶ丘陵が米沢盆地との境をなす。米沢盆地を貫流してきた松川(最上川の上流)がこの丘陵の狭い伊佐沢峡を通って長井盆地に流入し,置賜白川を合流して盆地東縁を北流する。盆地西縁は朝日山地の南東縁を画する大実淵山断層と葉山断層によって境され,これに沿って盆地西半は大小崖錐(がいすい)や扇状地が並ぶ合流扇状地を形成し,続いて高・中位段丘が発達している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android