コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長尾憲長 ながお のりなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長尾憲長 ながお-のりなが

1503-1550 戦国時代の武将。
文亀(ぶんき)3年生まれ。長尾景長の子。下野(しもつけ)(栃木県)足利城主。関東管領(かんれい)上杉憲房(のりふさ),憲広の家老をつとめ,古河公方(こがくぼう)足利晴氏(はるうじ)につかえた。天文(てんぶん)19年3月23日死去。48歳。通称は新五郎孫六。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長尾憲長の関連キーワード文亀

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android