コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉憲房 うえすぎ・のりふさ

2件 の用語解説(上杉憲房の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

上杉憲房

没年:建武3/延元1.1.27(1336.3.10)
生年:生年不詳
鎌倉・南北朝時代の武将。頼重の子。兵庫頭,永嘉門院蔵人。足利尊氏・直義兄弟の母清子の兄に当たる。尊氏を支えつつ北条氏との対戦などに従い,建武政権下では雑訴決断所の一員となる。建武2(1335)年に尊氏が後醍醐天皇に背くと尊氏から上野守護に任命され,さらに尊氏のもとで天皇方と戦いつつ京都に進み,翌年1月,新田義貞らと四条河原に戦い戦死した。

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上杉憲房
うえすぎのりふさ
(?―1336)

南北朝時代の武将。足利尊氏(あしかがたかうじ)の母清子の兄として尊氏に重んぜられ、1333年(元弘3・正慶2)の尊氏の六波羅(ろくはら)攻めに功績があり、伊豆国奈古屋(なこや)郷(静岡県伊豆の国市奈古谷(なごや))の地頭職(じとうしき)となり、建武(けんむ)政権のもとでは雑訴決断所(ざっそけつだんしょ)の奉行人(ぶぎょうにん)となった。南北朝内乱が始まると、新田義貞(にったよしさだ)の本拠地である上野(こうずけ)守護となり、南朝勢力を一掃した。36年(建武3)1月尊氏に従って入京し、四条河原の合戦において北畠顕家(きたばたけあきいえ)、新田義貞らと戦い戦死した。法名瑞光院(ずいこういん)雪谿道欽。[峰岸純夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上杉憲房の関連キーワード戦国時代赤井家清磯村左近上杉憲房(2)佐知景則多久宗時土岐政房山岡景之山名教豊山名政豊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone