コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長尾景長 ながお かげなが

2件 の用語解説(長尾景長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長尾景長 ながお-かげなが

1469-1528 室町-戦国時代の武将。
文明元年生まれ。長尾景人の次男。山内上杉家の家宰(執事職)をつとめ,下野(しもつけ)(栃木県)足利城によった。画技にすぐれ菩提(ぼだい)寺の長林寺(足利市)に自画像や山水図がのこる。大永(たいえい)8年1月15日死去。60歳。通称は新五郎。号は烹泉斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長尾景長

没年:享禄1.1.15(1528.2.5)
生年:文明1(1469)
戦国時代の武将。下野足利城(栃木県足利市)城主。足利長尾氏の当主。景人の子。但馬守。兄定景の死後は叔父の房清が足利長尾氏の中心に立ち,景長の活動は明応5(1496)年ごろからみえる。戦国の領主として活動する傍ら画をよくし,菩提寺の長林寺には自画像があり,また自筆の山水画も現存している。子の憲長と孫の当長も画業に優れ,みな自画像を残している。<参考文献>『近代足利市史』1巻

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長尾景長の関連キーワード足利市足利工業大学ハツ足利忠綱宇都宮尚綱岡田長親金井繁之丞長尾顕長長尾憲長籾山唯四郎

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone