コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長岡荘 ながおかのしょう

百科事典マイペディアの解説

長岡荘【ながおかのしょう】

尾張国中島郡にあった摂関家領荘園。現岐阜県羽島市南部から海津郡平田町・海津町(2町とも現・海津市),愛知県中島郡祖父江(そぶえ)町(現・稲沢市)にかけての一帯に比定される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながおかのしょう【長岡荘】

尾張国中島郡(現,岐阜県羽島市南部,海津郡海津町北東部あたり)の荘園。河東4郷,河西6郷よりなる。1094年(嘉保1)国衙との相論の際に四至が確定。藤原頼通―息女寛子―忠実―息女泰子―忠通―基実を経て近衛家領となり,鎌倉時代を通じて近衛家が所務進止権を有していた。地頭職には1212年(建暦2)三河国住人長瀬次郎が補任されたが,承久の乱後宇治川の戦先陣の功により佐々木信綱にかえられた。以後,宮,佐々木,島津などとかわり,1348年(正平3∥貞和4)には河内国観心寺が南朝により補任された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

長岡荘の関連キーワード愛知(県)真福寺尾張国