コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真福寺 シンプクジ

5件 の用語解説(真福寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんぷく‐じ【真福寺】

名古屋市中区にある真言宗智山派の寺。山号は北野山。建久年間(1190~1199)に尾張国中島郡大須庄に建立されたという観音堂を、14世紀に能信が密教道場としたのが始まり。のち、徳川家康現在地に移転。「古事記」など貴重な古典籍を多数所蔵する。宝生院。大須観音

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

真福寺【しんぷくじ】

別称宝生院,通称大須観音。名古屋市中区大須2丁目の繁華街にある真言宗智山派の寺。本尊は木造正観音菩薩立像。14世紀に伊勢神宮の能信が,中島郡大須(現在岐阜県羽島郡)に建立し,その別当を兼ねて内外の古書籍を集めた。
→関連項目大須長岡荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんぷくじ【真福寺】

名古屋市中区にある真言宗智山派の寺。山号は北野山宝生(ほうじよう)院。当初は大須庄(現在の岐阜県羽島市)にあり,伝空海作の観音像を本尊としたので大須観音ともよばれる。14世紀中ころ伊勢神官度会(わたらい)行家の子能信が創建,後村上天皇勅願所となり,1612年(慶長17)徳川家康の命で現在地に移された。経蔵の大須文庫には能信以来の貴重な古典籍が多く,国宝の《古事記》《漢書食貨志》,重要文化財《将門記》尾張国解文》などは有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんぷくじ【真福寺】

名古屋市中区にある真言宗智山派の寺。山号、北野山。もと岐阜県羽島の大須庄にあった観音堂を能信が再建。能信が集めた多数の書籍を蔵し、大須本・真福寺本として知られる。宝生院。大須観音。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真福寺
しんぷくじ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真福寺の関連情報