コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎長なす

デジタル大辞泉プラスの解説

長崎長なす

長崎県長崎市で生産されるナス。実は長く、果皮は濃紫色。果肉は柔らかく揚げなすなどの加熱食に向く。来歴不詳だが、明治期から栽培されており、台湾から導入された品種との説がある。県により「ながさきの伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

長崎長なす[果菜類]
ながさきながなす

九州・沖縄地方、長崎県の地域ブランド。
主に長崎市で生産されている。明治時代から大正時代初期に長崎市三川町で栽培していたものから選抜されて、広まった。大長なすの一種。濃い黒紫色に光沢がある。やわらかく加熱調理に向き、焼きなす・田楽・煮物などに利用される。6月から10月にかけて出荷。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

長崎長なすの関連キーワード長崎県長崎市

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android