コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長巻 ナガマキ

大辞林 第三版の解説

ながまき【長巻】

薙刀なぎなたに似た武器。刃は太刀に似て細長く、柄つかは革や鉄で蛭巻ひるまきにしたものもある。薙刀と比べると、柄が短いものが多い。戦場で人や馬をなぎ倒すのに用いた。
を持って戦場に出る兵士。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長巻
ながまき

「長巻の太刀(たち)」の略という。太刀の柄(つか)を1メートル余の長さとしたもので、長大な野太刀の発生と同じく、斬撃(ざんげき)戦用の武器として案出された。江戸期に至って混同されたように、柄長(えなが)で、石突(いしづき)をつけて、長刀(なぎなた)に類似し、またかえって長刀の形式にも影響したが、本来は太刀がその原形であるので、鞘(さや)はないものの、鐔(つば)をつけ、長い柄には一部分に組糸や革で巻き締めた柄巻(つかまき)も施される。『結城(ゆうき)合戦絵詞(えことば)』や、1507年(永正4)成立の「細川澄元(すみもと)出陣影」にすでに描かれるから、室町中期には盛行していたものであろう。[齋藤愼一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

長巻の関連キーワードスポーツチャンバラスリット・カメラ毛利博物館四季山水図スライド紙背文書大足石刻細川澄元雪舟等楊雲谷等顔奈良法師長太刀防府市水墨画蕭雲従薙刀兼氏夏珪雪舟武芸

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長巻の関連情報