長巻(読み)ナガマキ

大辞林 第三版の解説

ながまき【長巻】

薙刀なぎなたに似た武器。刃は太刀に似て細長く、柄つかは革や鉄で蛭巻ひるまきにしたものもある。薙刀と比べると、柄が短いものが多い。戦場で人や馬をなぎ倒すのに用いた。
を持って戦場に出る兵士。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長巻
ながまき

「長巻の太刀(たち)」の略という。太刀の柄(つか)を1メートル余の長さとしたもので、長大な野太刀の発生と同じく、斬撃(ざんげき)戦用の武器として案出された。江戸期に至って混同されたように、柄長(えなが)で、石突(いしづき)をつけて、長刀(なぎなた)に類似し、またかえって長刀の形式にも影響したが、本来は太刀がその原形であるので、鞘(さや)はないものの、鐔(つば)をつけ、長い柄には一部分に組糸や革で巻き締めた柄巻(つかまき)も施される。『結城(ゆうき)合戦絵詞(えことば)』や、1507年(永正4)成立の「細川澄元(すみもと)出陣影」にすでに描かれるから、室町中期には盛行していたものであろう。[齋藤愼一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

なが‐まき【長巻】

〘名〙
① (「ながまき(長巻)の太刀」の略) 柄(つか)全体を革緒や組緒で長く巻きつめた長柄の太刀。〔随筆・仙台間語(1764)〕
② ①を持って戦場に立つ兵士。
太閤記(1625)八「小々性十人許、使番之者十騎、長巻五十人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android