コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長期停滞理論 ちょうきていたいりろん theory of secular stagnation

1件 の用語解説(長期停滞理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長期停滞理論
ちょうきていたいりろん
theory of secular stagnation

1930年代後期の世界恐慌時におけるアメリカ経済の停滞を説明するものとして A.H.ハンセンが唱えた学説。彼はこの時期のアメリカ経済の後退は景気循環の一局面と異なり,資本主義の成熟に伴う経済の構造変化によるものであるとし,その原因として 20年代までのアメリカ経済の成長を支えてきた3つの要因,(1) 人口増加,(2) 技術進歩,(3) 新領土,新資源の発見による経済的フロンティアの拡大が消滅したことをあげている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長期停滞理論の関連キーワード昭和恐慌人民戦線ニューディール世界恐慌暗黒の木曜日信用恐慌ラテンアメリカにおける想像と暴力ニブルヘイムローリング・トウェンティーズ《世界史における日本》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone