コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長沢別天 ながさわべってん

3件 の用語解説(長沢別天の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

長沢別天【ながさわべってん】

評論家。本名説(せつ)。別号,半眼子,坂東太郎など。常陸生まれ。1890年,三宅雪嶺主宰《江湖新聞》の記者を経て《日本人《亜細亜》の編集にあたり,新詩論などを発表する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長沢別天 ながさわ-べってん

1868-1899 明治時代の評論家。
慶応4年5月1日生まれ。立教学校でまなぶ。明治23年三宅雪嶺主筆の「江湖新聞」記者をへて政教社にはいり,「日本人」などの編集に従事し,幅ひろい評論活動をおこなう。のち「山陽新報」主筆をへて東京朝日新聞社にはいった。明治32年11月22日死去。32歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。本名は説。著作に「盲詩人―ミルトン評伝」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長沢別天

没年:明治32.11.22(1899)
生年:慶応4.5.1(1868.6.20)
明治時代の評論家。本名説,別号半眠子,別天楼など。常陸国(茨城県)の生まれ。明治23(1890)年,三宅雪嶺主筆の『江湖新聞』の記者となり,『貧民と文学』(1890)を書く。翌年アメリカスタンフォード大学に留学,『亜細亜』に通信を書いた。26年帰国後,政教社の一員として『社会主義一斑』(1894)を『日本人』に連載,その幅広い社会的視野を示した。また『盲詩人―ミルトン評伝』(1894)を出し,敬愛するミルトンを論じた。27年,岡山の『山陽新報』主筆に迎えられ,31年に『東京朝日新聞』に転じたが,宿痾の肺結核のため夭折。

(中島国彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長沢別天の関連キーワード魚住折蘆評論家名説大井広介石子順伊藤至郎江藤文夫大浜英子高山毅吉村貞司

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone