坂東太郎(読み)バンドウタロウ

  • ばんどうたろう ‥タラウ
  • ばんどうたろう〔タラウ〕
  • 坂東太郎 ばんどう-たろう

百科事典マイペディアの解説

(1)利根川の昔からの呼び名。関東(坂東)にある日本一の川の味で,筑紫二郎(筑後川),四国三郎(吉野川)のに呼ばれ。(2)夏にみられる積乱雲は一般に太郎雲と呼ばれ,坂東太郎は江戸(東京)での呼称大坂では丹羽太郎,九州では比古(英彦)太郎,越前では信濃太郎讃岐(さぬき)では阿波太郎,長門では石見(いわみ)太郎等と呼んだ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] (坂東にある第一の川の意) 関東地方を流れる利根川の異称。
※随筆・東路記(1685)江戸より日光へ行道の記「坂東第一の大河なり。故に此あたりの人は坂東太郎と云」
[2] 〘名〙 (利根川の方向に生ずるところから) 夏の白雲をいう。
※物類称呼(1775)一「なつのくも 江戸にて、坂東太郎と云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android