コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川かな女 はせがわ かなじょ

4件 の用語解説(長谷川かな女の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

長谷川かな女

俳人。高浜虚子門。『処女の友』、報知新聞等の俳句選者。婦人俳句会を興し『水明』を主宰。昭和44年(1969)歿、81才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川かな女 はせがわ-かなじょ

1887-1969 大正-昭和時代の俳人。
明治20年10月22日生まれ。長谷川零余子(れいよし)と結婚。高浜虚子に師事し,近代女流俳人のひとりとして活躍。夫の主宰する「枯野」に参加し,その没後は「水明」を創刊,主宰した。昭和44年9月22日死去。81歳。東京出身。本名はかな。句集に「竜胆(りんどう)」「雨月」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長谷川かな女
はせがわかなじょ

[生]1887.10.22. 東京
[没]1969.9.22. 浦和
俳人。日本橋の老舗の番頭の娘として生れ,幼時から読書を好んだ。系統的な学校教育を受けなかったが,独学で英語などを修めた。初め,松根東洋城に俳句を学んだが,1913年以降,夫の零余子とともに高浜虚子に師事,『ホトトギス』の女流俳人の第一人者と目された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長谷川かな女
はせがわかなじょ
(1887―1969)

俳人。本名かな。東京・日本橋の商家に生まれる。1909年(明治42)富田零余子(れいよし)を夫に迎え、夫婦ともども高浜虚子(きょし)に師事し、『ホトトギス』婦人俳句会の草創期に加わり、女流俳句隆昌(りゅうしょう)に寄与した。20年(大正9)以降零余子創刊の『枯野』を助けてこれに拠(よ)り、零余子没し『枯野』廃刊後、30年(昭和5)『水明』を創刊主宰した。近代女流俳人の草分けであり、その第一人者。『竜胆(りんどう)』(1929)、『雨月(うげつ)』(1939)などの句集のほか、随筆の著書も多い。[村山古郷]
 羽子板の重きがうれし突かで立つ
『『定本かな女句集』(1964・世界文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長谷川かな女の関連キーワード小村雪岱藤田春梢女階乗NN末端残基長尾優松永東渡辺勘次Diaz de la Peña,N.東京博善

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone