コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川かな女 はせがわ かなじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川かな女 はせがわ-かなじょ

1887-1969 大正-昭和時代の俳人。
明治20年10月22日生まれ。長谷川零余子(れいよし)と結婚。高浜虚子に師事し,近代女流俳人のひとりとして活躍。夫の主宰する「枯野」に参加し,その没後は「水明」を創刊,主宰した。昭和44年9月22日死去。81歳。東京出身。本名はかな。句集に「竜胆(りんどう)」「雨月」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長谷川かな女
はせがわかなじょ

[生]1887.10.22. 東京
[没]1969.9.22. 浦和
俳人。日本橋の老舗の番頭の娘として生れ,幼時から読書を好んだ。系統的な学校教育を受けなかったが,独学で英語などを修めた。初め,松根東洋城に俳句を学んだが,1913年以降,夫の零余子とともに高浜虚子に師事,『ホトトギス』の女流俳人の第一人者と目された。『ぬかご』『水明』などを主宰,女性ならではの情緒や心情をうたうみずみずしい句風で知られた。句集に『龍胆 (りんどう) 』 (1929) ,『川の灯』 (63) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長谷川かな女
はせがわかなじょ
(1887―1969)

俳人。本名かな。東京・日本橋の商家に生まれる。1909年(明治42)富田零余子(れいよし)を夫に迎え、夫婦ともども高浜虚子(きょし)に師事し、『ホトトギス』婦人俳句会の草創期に加わり、女流俳句隆昌(りゅうしょう)に寄与した。20年(大正9)以降零余子創刊の『枯野』を助けてこれに拠(よ)り、零余子没し『枯野』廃刊後、30年(昭和5)『水明』を創刊主宰した。近代女流俳人の草分けであり、その第一人者。『竜胆(りんどう)』(1929)、『雨月(うげつ)』(1939)などの句集のほか、随筆の著書も多い。[村山古郷]
 羽子板の重きがうれし突かで立つ
『『定本かな女句集』(1964・世界文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

長谷川かな女の関連キーワード長谷川 零余子長谷川 秋子正岡 陽炎女長谷川秋子正岡陽炎女村山古郷昭和時代沢本知水かな女忌馬酔木冬薔薇衣紋竹竜胆忌羽子板

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android