コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野業盛 ながの なりもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長野業盛 ながの-なりもり

1548-1566 戦国時代の武将。
天文(てんぶん)17年生まれ。長野業政(なりまさ)の子。上野(こうずけ)(群馬県)箕輪(みのわ)城主。父が永禄(えいろく)4年に死去し,14歳で家督をつぐ。永禄9年9月武田信玄に攻められて落城し,自害。19歳。通称は右京進,弾正忠。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長野業盛の関連キーワード津田宗達天王寺屋会記フランス演劇スレイマン一世グレコ嘉靖帝スレイマン明版岩手の葉タバコ生産溝口秀勝

長野業盛の関連情報