コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野業政 ながの なりまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長野業政 ながの-なりまさ

1499-1561 戦国時代の武将。
明応8年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)箕輪(みのわ)城主関東管領(かんれい)上杉憲政(のりまさ)につかえる。憲政が上野をしりぞいたあと,北条氏武田氏の侵攻に対抗して箕輪城を拠点にたたかった。永禄(えいろく)3年長尾景虎(上杉謙信)の関東出陣にくわわった。永禄4年6月21日死去。63歳。通称は信濃守(しなののかみ),一盛斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

長野業政

没年:永禄4.6.21(1561.8.2)
生年:明応8(1499)
戦国時代の武将。憲業の次男。信濃守。一盛斎と称す。関東管領上杉憲政に仕え,榛名山東南麓の箕輪城を本拠とし,西上野地方最大の武士団である箕輪衆の旗頭となった。永禄3(1560)年上杉氏の関東出陣の折に成立した「関東幕注文」(『上杉家文書』)によると,箕輪衆19人のうち業政と同じ檜扇の紋を持つ者10人,あとの9人は榛名山周辺の武士たちである。業政は12人の子女を小幡氏・安中氏など西上野の領主たちに嫁がせ,武田氏・北条氏の侵攻に備えた。西からの武田信玄の侵攻を前に63歳で没。墓所は群馬県箕郷町長純寺にある。<参考文献>近藤義雄『箕輪城と長野氏』(『上毛文庫』4巻)

(唐澤定市)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

長野業政の関連キーワード澄井右馬亮長野業盛松井田城国峰城

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長野業政の関連情報