コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

門火 かどび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

門火
かどび

盂蘭盆 (うらぼん) のとき,または葬送の際,死者の魂を迎え送るために,家々の門口や寺の門前で焚く火。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かど‐び【門火】

盂蘭盆(うらぼん)のとき、死者の霊魂を迎え送りするために門前でたく火。迎え火送り火 秋》
葬式で、死者を送り出すときに門前でたく火。
婚礼で、花嫁の乗り物が生家を出るときに門前でたく火。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かどび【門火】

盂蘭盆うらぼんに、死者の霊魂を迎え、送るために門前でたく火。迎え火と送り火とがある。 [季] 秋。
葬式の出棺の時に門前でたく火。 〔和名抄〕
婚礼の時、嫁が実家を出発する際や婚家に入る際に門前でたく火。再び帰ることのないことを願ってするという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

門火
かどび

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の門火の言及

【送り火】より

盂蘭盆会(うらぼんえ)が終わり,精霊(先祖)を送るときに門の前や川,海浜などでたく火のこと。門火(かどび)ともいう。京都の大文字火が著名である。…

【門】より

…〈かど〉は霊的存在の出入りにも重要な意味を持つと考えられていた。門松・門火(かどび)(盂蘭盆でたく迎え火と送り火)のような〈かど〉に関する民俗行事が多いことも,そうした面から理解することができよう。【大河 直躬】。…

※「門火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

門火の関連キーワード越後三山只見国定公園打ち消す・打消す跡火・後火魚沼(市)野辺の送りヒカリボヤ二十日盆渡辺元七入広瀬和名抄守門岳打消す出棺婚家麻幹盆火

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android