コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迎え火 むかえび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

迎え火
むかえび

盆の7月 13日の夕方に精霊を迎えるために焚く門前麻幹 (おがら) を焚くのが普通で,精霊はそれに乗ってくるという。送り火に対する行事。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むかえび【迎え火】

盂蘭盆会(うらぼんえ)にあたり8月13日のころに精霊(先祖)を迎えるためにたく火のこと。盂蘭盆会が夜の行事であったところから起こった風習である。兵庫県西宮市では11日に稲架の足に麦わらを固く結び,それに火をつけて〈ソンジョサンのお迎え〉といって墓まで行ったという。このような墓へ迎えに行く例は東京の北多摩などにもある。長野県では13日の晩に墓地と家の門前でカバの木の皮または麦稈豆がらをたいている。この火を仏壇の灯明にするのは伊勢(三重県)である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むかえび【迎え火】

盂蘭盆うらぼんの入りの日の宵、先祖の霊を迎えるために門口で焚く火。江戸時代から行われ、麻幹おがら・麦わら・松の割り木などを焚く。迎い火。 ↔ 送り火 [季] 秋。 《 -や父に似たる子の頰の明り /正岡子規 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

迎え火
むかえび

客人や神霊を迎えるために焚(た)く火。神迎え、婚礼、葬式などの機会に広く用いられるが、盆の精霊(しょうろ)迎えに焚く火をいう場合が多い。盆の迎え火は、新盆の家では7月1日や7日から焚き始めるが、13日か14日に焚くのが一般である。家の門口や辻(つじ)で麻幹(おがら)や麦藁(むぎわら)を焚いたり、墓から家までの道に樺(かば)皮を割竹につけて立てておき、順に火をつけてきたりする。この明かりを目標にして家に帰ってきてくださいという意味の唱え言をいい、先祖様を家に迎えるための道案内にしている。秋田の竿灯(かんとう)、京都その他の大文字焼や鳥居火、各地の揚(あ)げ松明(たいまつ)や柱松(はしらまつ)の行事なども、盆の迎え火が華麗に発展し、送り火に転換したものである。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

迎え火の関連キーワード霊迎え・魂迎え盆(先祖祭り)大文字送り火7月13日桐林明日菓麻幹・苧殻正岡子規精霊迎え人通り七夕踊盆行事アサ肥松草市

迎え火の関連情報