コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

門地 もんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

門地
もんち

人の出生によって当然に生じる社会的地位のことで,いわゆる「家柄」とか「生れ」がこれにあたる。日本国憲法地による差別明文で禁止している (14条1項,44条) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もん‐ち【門地】

[名・形動]
家柄。門閥(もんばつ)。「門地がある」「門地が高い」
《家の格式によって作法などが違うところから》物事の関係・順序などが本来の逆になっていること。また、そのさま。あべこべ。
「するほどの事―になりて」〈浮・子孫大黒柱〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もんち【門地】

家柄。家格。 「 -門閥」
〔家柄によって格式・作法の違うところから、転じて〕 物事の関係などが逆になっていること。あべこべ。 「昼まで寝るを作法にて、よそと-の揚屋町/浄瑠璃・百日曽我」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

門地の関連キーワード値・地・恥・智・池・治・痴・癡・知・稚・緻・置・致・遅・遲・馳貴族政[古代ギリシア]問・悶・文・紋・聞・門能力(実行力、達成力)人種差別撤廃国際条約人権擁護推進審議会フョードル[3世]日本国憲法第十四条センシティブ情報フョードル3世教育の機会均等法のもとの平等三毛門かぼちゃ憲法14条1項ドボリャニン国際人権規約桶狭間の戦神皇正統記不平等選挙市川大門紙

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

門地の関連情報