門地(読み)もんち

精選版 日本国語大辞典「門地」の解説

もん‐ち【門地】

〘名〙
家柄門閥
※中華若木詩抄(1520頃)中「越前にて、門地も、さる人か」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉九「家名門地なんか云ふ事にはあまり頓着しない方でね」 〔晉書‐王述伝〕
② (形動) (家の格式によって作法などが違うところから転じて) 物事の順序・位置・関係などが本来の逆になっていること。また、そのさま。反対。あべこべ。まちまち。もんちもんち。
※浄瑠璃・百日曾我(1700頃)一「昼迄寝るを作法にて、余所ともんちの揚屋町」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「門地」の解説

門地
もんち

人の出生によって当然に生じる社会的地位のことで,いわゆる「家柄」とか「生れ」がこれにあたる。日本国憲法は地による差別明文で禁止している (14条1項,44条) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「門地」の解説

もん‐ち【門地】

[名・形動]
家柄。門閥(もんばつ)。「門地がある」「門地が高い」
《家の格式によって作法などが違うところから》物事の関係・順序などが本来の逆になっていること。また、そのさま。あべこべ。
「するほどの事―になりて」〈浮・子孫大黒柱〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android