開物思想(読み)かいぶつしそう

世界大百科事典 第2版の解説

かいぶつしそう【開物思想】

〈開物〉という語は《易》の繫辞上伝に出る〈開物成務〉の語から来たもので,〈事物を開発し,事業を成就する〉という意味であり,実学ないしは技術を重視する思想である。1637年,中国の宋応星は《天工開物》と題する技術書を書いた。三枝博音解釈によると,天工人工に対する自然力を意味し,この自然力を活用する人工が開物であるという。その内容は当時行われていた中国の重要産業を網羅し,それらについて知識人向けの解説を行ったものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android