コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間接分析 カンセツブンセキ

デジタル大辞泉の解説

かんせつ‐ぶんせき【間接分析】

化学分析で、目的物質性質・量などを、他の物質と反応してできた物質を分析することで間接的に推定する方法。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんせつぶんせき【間接分析】

目的とする物質を分析あるいは定量する際、他の物質と反応させて生じた第三の物質の物理的・化学的性質を利用するなどして、間接的に分析あるいは定量すること。また、その方法。例えば、塩素・過酸化水素などの酸化剤を定量するのに、ヨウ化カリウムと反応させて遊離したヨウ素を、チオ硫酸ナトリウム溶液で滴定する(ヨウ素還元滴定)など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

間接分析の関連キーワードヨウ化カリウム過酸化水素

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間接分析の関連情報