コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間接分析 カンセツブンセキ

大辞林 第三版の解説

かんせつぶんせき【間接分析】

目的とする物質を分析あるいは定量する際、他の物質と反応させて生じた第三の物質の物理的・化学的性質を利用するなどして、間接的に分析あるいは定量すること。また、その方法。例えば、塩素・過酸化水素などの酸化剤を定量するのに、ヨウ化カリウムと反応させて遊離したヨウ素を、チオ硫酸ナトリウム溶液で滴定する(ヨウ素還元滴定)など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

間接分析の関連キーワードヨウ化カリウム過酸化水素

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android