コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間粒状組織 かんりゅうじょうそしきgranular texture

岩石学辞典の解説

間粒状組織

粒状組織

間粒状組織

エヴァンス(Evans)により1916年に使用されたことをホームスが述べている.完晶質の玄武岩やドレライトに特徴的な組織で,短冊状の長石の間の多角形の網目の隙間が無方向性の橄欖石オージャイトで占められている.この組織にはガラスが含まれないのでインターサータル構造と区別される[Holmes : 1918].隣接した空間の鉱物は光学的には連続性がなくそれぞれ独立した結晶である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

間粒状組織の関連キーワードインタースティシャル組織エヴァンス

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android