間部時雄(読み)まべ ときお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

間部時雄 まべ-ときお

1885-1968 明治-昭和時代の洋画家。
明治18年生まれ。聖護院洋画研究所浅井忠助手をつとめる。明治39年母校京都高等工芸(現京都工芸繊維大)の助教授。大正9-14年フランス滞在。昭和2年白日会会員,5年洋風版画会創立同人となる。風景画を得意とした。昭和43年死去。83歳。熊本県出身。作品に「白川村」「夕日」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android