コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間面記法 けんめんきほう

2件 の用語解説(間面記法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間面記法
けんめんきほう

奈良時代から南北朝時代に用いられた建築の平面,規模,形式を表現する方法。中世前期までの建築は身舎 (母屋) とひさしから成る構成であり,身舎の間口 (梁行) 柱間を「何間」と表わし,奥行 (梁間) は通常柱間2間であったから省略され,身舎に「何面」のひさしがついているかで表記した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けんめんきほう【間面記法】

建物の平面規模を表す方法の一つで,平安時代に用いられた。当時の建物は内部空間が母屋(もや)(身舎)と(ひさし)から構成されており,母屋の桁行(けたゆき)が何間で,その何面に庇が付くかによって全体の規模がわかる。母屋の梁間は2間が普通であるから,とくに表示する必要はない。例えば,三間四面は桁行3間の母屋の4面に庇が付くことを表しており,全体の規模は桁行5間,梁間4間となる(図)。寝殿造など住宅建築における庇の付き方をみると,前面にだけ庇を付けた一面庇から,背面にも付けた二面庇,さらに正側面に付けた三面庇,4面全部に付けた四面庇へと発展する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の間面記法の言及

【社寺建築構造】より

…母屋は桁行3間あるいは5間に梁行2間の規模のものが多く,これに庇がつく。庇のつく側面の数によって,三間一面,三間二面,三間四面のようにとなえられ,これを間面(けんめん)記法という。 母屋と庇は一連の屋根で覆われることが多いが,境界に段差をつけたものや,庇屋根を一段低くして別につくるものもある。…

※「間面記法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

間面記法の関連キーワード点推定平面図一階事業規模平面盤乾塩漬法経口投与減圧リン酸塩さら(晒)し曝気酸化池法ろ(濾)過

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone