コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関之尾滝 セキノオノタキ

2件 の用語解説(関之尾滝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せきのお‐の‐たき〔せきのを‐〕【関之尾滝】

宮崎県南西部、都城(みやこのじょう)市関之尾町にある滝。大淀(おおよど)川支流の庄内(しょうない)川の渓谷にかかる。大滝・男滝・女滝の三つの流れからなり、大滝は幅40メートル、落差17メートル。滝の上流にある甌穴(おうけつ)群は世界有数の規模を誇り、長さ600メートル、最大幅80メートルにおよぶ河床には数百の甌穴が見られる。「関の尾の甌穴」として国の天然記念物に指定。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関之尾滝
せきのおのたき

宮崎県南西部、都城(みやこのじょう)市関之尾町にかかる高さ16.4メートル、幅32.7メートルの滝。大淀(おおよど)川の支流庄内川の上流にあり、滝口の上流河床全面に広がる甌穴(おうけつ)(ポット・ホール、国指定天然記念物)とともにみごとな造形をなす。この地域は第四紀の姶良(あいら)火山噴出物であるシラス・溶結凝灰岩が厚く堆積(たいせき)している。のち河川の侵食作用によって上部のシラス層が流出、下部の溶結凝灰岩が露出して侵食を受け今日の甌穴、滝をなした。この甌穴は亀穴とよばれ、さまざまな発達の型がみられ、その規模は世界一といわれる。桜の名所母智丘(もちお)とともに母智丘関之尾県立自然公園に指定されており、観光施設も整備されている。JR日豊(にっぽう)本線西都城駅からバス25分。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関之尾滝の関連キーワード都城市都城盆地都城[市]宮崎県都城市関之尾町高城〈町〉宮崎県北諸県郡三股町宮崎県都城市都島町宮崎県都城市都原町宮崎県都城市宮丸町

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関之尾滝の関連情報