関之尾滝(読み)セキノオノタキ

デジタル大辞泉の解説

せきのお‐の‐たき〔せきのを‐〕【関之尾滝】

宮崎県南西部、都城(みやこのじょう)市関之尾町にある滝。大淀(おおよど)川支流の庄内(しょうない)川の渓谷にかかる。大滝・男滝・女滝の三つの流れからなり、大滝は幅40メートル、落差17メートル。滝の上流にある甌穴(おうけつ)群は世界有数の規模を誇り、長さ600メートル、最大幅80メートルにおよぶ河床には数百の甌穴が見られる。「関の尾の甌穴」として国の天然記念物に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関之尾滝
せきのおのたき

宮崎県南西部、都城(みやこのじょう)市関之尾町にかかる高さ16.4メートル、幅32.7メートルの滝。大淀(おおよど)川の支流庄内川の上流にあり、滝口の上流河床全面に広がる甌穴(おうけつ)(ポット・ホール、国指定天然記念物)とともにみごとな造形をなす。この地域は第四紀の姶良(あいら)火山噴出物であるシラス・溶結凝灰岩が厚く堆積(たいせき)している。のち河川の侵食作用によって上部のシラス層が流出、下部の溶結凝灰岩が露出して侵食を受け今日の甌穴、滝をなした。この甌穴は亀穴とよばれ、さまざまな発達の型がみられ、その規模は世界一といわれる。桜の名所母智丘(もちお)とともに母智丘関之尾県立自然公園に指定されており、観光施設も整備されている。JR日豊(にっぽう)本線西都城駅からバス25分。[横山淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android