関城書(読み)せきじょうしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関城書
せきじょうしょ

興国3=康永1 (1342) 年北畠親房が白河地方 (福島県白河市一帯) の豪族結城親朝にあてた書状1通。『親房卿被贈結城状』の呼び名もある。当時,親房は関城 (茨城県筑西市) にあって南朝のため活躍していたが,以前南朝方につき,のち北朝方に寝返った親朝に,再び南朝方に下るよう説得し,援軍の派遣を求めた。『群書類従』所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android