コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関城書 せきじょうしょ

2件 の用語解説(関城書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関城書
せきじょうしょ

興国3=康永1 (1342) 年北畠親房が白河地方 (福島県白河市一帯) の豪族結城親朝にあてた書状1通。『親房卿被贈結城状』の呼び名もある。当時,親房は関城 (茨城県筑西市) にあって南朝のため活躍していたが,以前南朝方につき,のち北朝方に寝返った親朝に,再び南朝方に下るよう説得し,援軍の派遣を求めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんじょうしょ〔クワンジヤウシヨ〕【関城書】

南北朝時代、北畠親房(きたばたけちかふさ)の書状。1巻。興国3年(1342)執筆。親房が常陸(ひたち)の関(せき)城から磐城(いわき)の白河の結城親朝(ゆうきちかとも)へ送り、時勢を説きながら援軍を頼んだもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関城書の関連キーワード春日顕国北畠顕信職原抄関宗祐北畠北畠准后康永玉丸城下妻政泰結城直朝(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone