コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関宗政 せき むねまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関宗政 せき-むねまさ

?-1343 南北朝時代の武将。
関宗祐(むねすけ)の長男。父とともに終始南朝方として高師冬(こうの-もろふゆ)らの軍とたたかった。援軍をもとめた陸奥(むつ)白河(福島県)の結城親朝(ゆうき-ちかとも)が北朝方に内応したため,孤立無援となって康永2=興国4年11月12日父とともに戦死した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関宗政の関連キーワード南北朝時代関宗祐

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android