コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪正臣 ばん まさおみ

2件 の用語解説(阪正臣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阪正臣 ばん-まさおみ

1855-1931 明治-昭和時代前期の歌人,書家。
安政2年3月23日生まれ。権田直助,高崎正風(まさかぜ)にまなぶ。宮内省にはいり,華族女学校教授,御歌所(おうたどころ)寄人(よりゅうど)をつとめる。優雅な仮名をかき,女学校用習字教科書に筆をとった。「樅屋(もみのや)全集」がある。昭和6年8月26日死去。77歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。号は茅田(ぼうでん),樅屋。戸籍上の姓は坂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阪正臣
ばんまさおみ
(1855―1931)

歌人、書家。名古屋生まれ。幼名は政之介、字(あざな)は従叟、茅田(ぼうでん)、観石、桃坪などと号し、居を樅屋(もみのや)と称した。鎌倉宮、伊勢(いせ)皇大神宮などに奉仕、30歳のときに宮内省御歌所(おうたどころ)に入った。華族女学校教授、御歌所寄人(よりゅうど)を歴任。御歌所長高崎正風、大口周魚らによって結成された上代様仮名書道の研究会、難波津(なにわづ)会の一員となる。穏健で親しみやすい仮名を書き、女子用の書道教科書にしばしば筆をとったため、その書風は大いに流行した。『樅屋詠草』『樅の小枝』などを残している。[尾下多美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阪正臣の関連キーワード西幸吉植場平小野重行木内半古佐伯芳馬坂湛桜井忠胤寺田元吉橋本実穎林喜右衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone