コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿新丸 クマワカマル

4件 の用語解説(阿新丸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くまわかまる【阿新丸】

[?~1363]日野資朝(すけとも)の子。名は邦光。13歳のとき佐渡に渡り、父の仇敵である佐渡守護本間入道泰宣を討とうとしたが果たさず、子の本間三郎を討った。のち、南朝に仕えた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿新丸 くまわかまる

日野邦光(ひの-くにみつ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

くまわかまる【阿新丸】

1320‐63(元応2‐正平18∥貞治2)
鎌倉時代末の公家日野資朝の子。資朝は後醍醐天皇の討幕計画に参加したが,事が漏れて捕らえられ,佐渡に流された。13歳の阿新は従者1人をつれて佐渡に渡り,守護本間入道に父子の対面を願ったが許されず,父は殺されてしまった。復讐の機をねらう阿新は,ある夜本間の寝所に忍び込んだが,入道は不在で果たせず,父を斬った本間三郎を殺して巧みに逃げ,山伏に助けられて都に帰った話が《太平記》にくわしく記されている。その後阿新は邦光と名のって南朝の忠臣となり,中納言に任ぜられたが,明治時代になってよく忠孝を実践した人物として顕彰され,1915年には正三位を追贈された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くまわかまる【阿新丸】

?~1363) 日野資朝すけともの子。名は邦光。父の仇あだ本間山城入道を討つため、一三歳で佐渡に渡ったが果たせず、敵の一族本間三郎を討った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿新丸の関連キーワード日野邦光足利基氏元応貞治右衛門佐局(1)全仁親王鷹司冬通洞院実夏道淵日野有範

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone