コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿波局 あわのつぼね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿波局 あわのつぼね

?-1227 鎌倉時代,源実朝(さねとも)の乳母。
北条時政の娘。北条政子の妹。正治(しょうじ)元年一族の結城朝光(ゆうき-ともみつ)を梶原景時(かじわら-かげとき)が源頼家讒言(ざんげん)したとき,これを事前に察知して朝光につげて景時を失脚させた。建仁(けんにん)3年源頼朝の異母弟である夫の阿野全成(ぜんじょう)は謀叛(むほん)の疑いで殺されたが,局は政子に庇護された。嘉禄(かろく)3年11月4日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

阿波局

没年:安貞1(1227)
生年:生年不詳
鎌倉前期の武家の女性,阿野全成(源頼朝の弟)の妻。北条時政の娘。政子の妹。頼朝と政子の子実朝の乳付を務め,以後守り役となる。正治1(1199)年,梶原景時の讒言から「忠臣」結城朝光を救い,頼朝亡きあとの権力争いでは姉政子に,父時政の後妻牧の方の動静に注意するよう警告するなど政治的動きを示している。

(鈴木国弘)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あわのつぼね【阿波局】

?‐1227(安貞1)
鎌倉前期の女性。北条時政の女で,源頼朝の妻政子の妹。将軍源頼家の御所女房であるとともに,千幡(のちの将軍実朝)の乳母であった。北条氏の一員として,1199年(正治1)梶原景時粛清事件のきっかけをつくった。また1203年(建仁3)の阿野全成(頼朝の弟)の謀反・没落も全成の妻であった阿波局が,父時政や姉政子の指示で端緒をつくったとみられる。【小田 雄三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

阿波局の関連キーワード阿野時元鎌倉時代源実朝没年

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android