阿部 定(読み)アベ サダ

20世紀日本人名事典「阿部 定」の解説

阿部 定
アベ サダ

昭和期の情痴殺人者



生年
明治38(1905)年5月28日

没年
(没年不詳)

出生地
東京・神田新銀町(現・千代田区神田多町)

経歴
東京・神田の畳職人の末っ子に生まれる。17歳で自ら芸者となり、以後、娼婦などをして富山、飯田、名古屋、大阪、篠山、東京など各地を転々。昭和11年2月東京中野の小料理屋・吉田屋へ奉公石田吉蔵を知る。同年5月18日未明、東京尾久の待合で吉蔵を絞殺し、遺体性器を切り取った。遺体の大腿部に“定吉二人”という血文字が書かれてあったことから猟奇殺人として騒がれる。同月20日品川で逮捕。その際、性器を紙に包んで帯の中に持っていたため、さらにセンセーショナルに取り上げられた。同年12月懲役5年の判決が下る。16年出所後、芸者や旅館の女将、おにぎり屋の経営などをする一方、マスコミにも登場するが、45年頃から消息不明となる。彼女をモデルにした映画に大島渚愛のコリーダ」、大林宣彦SADA」、評伝に粟津潔ほかの「昭和十一年の女・阿部定」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android