大林宣彦(読み)オオバヤシノブヒコ

デジタル大辞泉の解説

おおばやし‐のぶひこ〔おほばやし‐〕【大林宣彦】

[1938~ ]映画監督。広島の生まれ。自主映画・テレビコマーシャルの制作を経て、恐怖映画「HOUSE ハウス」を監督し、商業映画に進出。「青春デンデケデケデケ」で芸術選奨受賞。代表作は、出身地尾道(おのみち)を舞台にした三部作「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」のほか、「ねらわれた学園」「はるか、ノスタルジィ」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大林宣彦【おおばやしのぶひこ】

映画監督。広島県生れ。1959年成城大卒。在学中から8ミリ映画を手がけ,卒業後はコマーシャル・フィルムを製作。16ミリの個人映画《伝説の午後=いつか見たドラキュラ》(1967年)が評判を呼ぶ。ホラー映画《HOUSE ハウス》(1977年)で劇場用作品に転じ,《転校生》(1982年),《時をかける少女》(1983年),《野ゆき山ゆき海べゆき》(1986年)など郷里尾道を舞台にした作品を発表。ほかに福永武彦原作《廃市》(1984年),山田太一原作《異人たちとの夏》(1988年),八百屋の主人と中国人留学生との交流を描いた《北京的西瓜》(1989年)などがある。〈思い出〉を中心的テーマとしたファンタジックな演出を得意とする。2004年紫綬褒章受章。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大林宣彦 おおばやし-のぶひこ

1938- 昭和後期-平成時代の映画監督。
昭和13年1月9日生まれ。学生時代から8ミリ映画をつくる。昭和38年16ミリの第1作「喰べた人」がベルギー国際実験映画祭特別賞を受賞。52年「HOUSE/ハウス」で商業映画に進出。「転校生」「時をかける少女」「異人たちとの夏」などのヒット作を発表。広島県出身。成城大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大林宣彦の関連情報