コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大林宣彦 オオバヤシノブヒコ

3件 の用語解説(大林宣彦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおばやし‐のぶひこ〔おほばやし‐〕【大林宣彦】

[1938~ ]映画監督。広島の生まれ。自主映画テレビコマーシャルの制作を経て、恐怖映画「HOUSE ハウス」を監督し、商業映画に進出。「青春デンデケデケデケ」で芸術選奨受賞。代表作は、出身地尾道(おのみち)を舞台にした三部作「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」のほか、「ねらわれた学園」「はるか、ノスタルジィ」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大林宣彦【おおばやしのぶひこ】

映画監督。広島県生れ。1959年成城大卒。在学中から8ミリ映画を手がけ,卒業後はコマーシャル・フィルムを製作。16ミリの個人映画《伝説の午後=いつか見たドラキュラ》(1967年)が評判を呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大林宣彦 おおばやし-のぶひこ

1938- 昭和後期-平成時代の映画監督。
昭和13年1月9日生まれ。学生時代から8ミリ映画をつくる。昭和38年16ミリの第1作「喰べた人」がベルギー国際実験映画祭特別賞を受賞。52年「HOUSE/ハウス」で商業映画に進出。「転校生」「時をかける少女」「異人たちとの夏」などのヒット作を発表。広島県出身。成城大中退。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大林宣彦の関連キーワード珪藻土直木賞歴史小説近衛声明芥川賞亡命文学麦と兵隊イノニュ尾崎秀実カリーニン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大林宣彦の関連情報