コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

附款 ふかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

附款
ふかん

行政行為の効果を制限したり,あるいは特別な義務を課するため,主たる行政行為に付加される従たる意思表示をいう。条件,期限,撤回権の留保,負担,法律効果の一部除外がある。附款を付しうるのは必ずしも法文上の明文の根拠がある場合に限定されるものではないが,行政庁の意思の介在を要件としない確認,公証通知受理といった準法律行為的行政行為には付しえないとされる。また,附款が無効の場合,主たる行政行為にどのような影響を及ぼすかは問題のあるところであるが,附款が主たる行政行為の重要な要素をなしている場合に限り,附款が無効であれば全体として無効になるとする説が有力である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android