陣の座(読み)じんのざ

精選版 日本国語大辞典の解説

じん【陣】 の 座(ざ)

① 通常は左右の近衛の陣の公卿の座席をさす。宮中の諸儀式に参列する公卿は本来宜陽殿に着するものとされたが、しばしば仮にここに着した。平安中期以降はここで陣の定めが行なわれた。なお、まれに宜陽殿の公卿の座などをさすこともある。仗座。陣頭(じんとう)。陣座。陣。
※延宝版宇津保(970‐999頃)吹上下「御前には、錦の幄うちて、ぢむの座(ザ)に、文人学生など著き並みぬ」
② 宴席などで、どっしりと腰をすえて飲食する自分の座席。
※洒落本・水月ものはなし(1758)上「拳酒乱酒は小田原町めくと、静に床柱の脇の柱を陣(ヂン)の座と定め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android