陸蒸気(読み)オカジョウキ

大辞林 第三版の解説

おかじょうき【陸蒸気】

〔明治初期の語。蒸気船に対して、陸を行くところから〕
汽車の通称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸蒸気
おかじょうき

明治初期の汽車の俗称。日本の鉄道は1872年(明治5)5月、品川―横浜間の仮営業でスタートしたが、当時の流行歌やかるたには「陸蒸汽」(73年、開化大津ゑぶし)、「矢を射る如(ごと)くに岡蒸気」(74年、東京繁栄鞠唄(まりうた))、「繁昌(はんじょう)はほかに無類のおか蒸気」(75年、幼童教訓いろは加留多(かるた))、「見る間に馳(かけ)出す陸蒸気」(78年、開明手まり歌)などとあり、当時の人たちにとって陸蒸気は、海の蒸気船の対語として官庁用語の汽車よりもぴったりする表現だったらしい。なお、72年10月新橋―横浜間約29キロメートルが開通。乗合馬車なら4時間かかる距離を1時間で走った。料金は上等1円12銭5厘、中等75銭、下等37銭5厘。上等は白米が30キログラム以上も買える額だった。[森脇逸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android