従う(読み)シタガウ

デジタル大辞泉「従う」の解説

したが・う〔したがふ〕【従う/随う/順う/遵う】

[動ワ五(ハ四)]
後ろについて行く。あとに続く。「案内人に—・う」「前を行く人に—・って歩く」
沿う。たどる。「川の流れに—・って下る」「標識に—・って進む」
他からの働きに順応する。
㋐法律・慣習・意見などに逆らわないでそのとおりにする。意のままになる。服従する。「法の定めるところに—・う」「指示に—・って行動する」「意向に—・う」
㋑ほかの力のままに動く。任せる。「風に—・うあし

㋐応じる。また、順応する。「問いに—・って答える」「条件に—・って賃金が異なる」
㋑ならう。まねる。「見本に—・って作る」
たずさわる。従事する。「業務に—・う」
(「…にしたがい」「…にしたがって」の形で)…につれて。…とともに。「年をとるに—・い円満さを増してきた」「登るに—・って気温が下がる」
[可能]したがえる
[動ハ下二]したがえる」の文語形
[類語](1付くくっつく随行する随伴する随従する追随するお供/(3)(4服する応ずるのっとそくする準ずるなら準拠する依拠する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android