コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団指導制 しゅうだんしどうせいcollective leadership

2件 の用語解説(集団指導制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集団指導制
しゅうだんしどうせい
collective leadership

権力を複数の指導者が分有し,個人独裁を防止することを目指す体制。主として共産圏諸国内部の指導方式について使われる。特にソ連では 1953年の I.スターリンの死後,G.M.マレンコフ首相が同年3月 15日の最高会議における演説で提唱,N.フルシチョフ,V.M.モロトフ,N.ブルガーニンらによる集団指導制が成立したが,結局はフルシチョフの影響力が強くなり,また 64年フルシチョフの失脚後成立したブレジネフ,コスイギン,ポドゴールヌイらによる集団指導制の場合も,のちに L.ブレジネフの役割が大きくなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

集団指導制【しゅうだんしどうせい】

共産主義における政治指導原則の一つ。レーニン共産党の基本的な組織指導の原則として強調した民主主義中央集権制(民主集中制)の一環である。そこでは広範な大衆組織を基盤としてこれを指導するうえで,党機関は十分な自己批判と相互批判に基づき民主的に運営されなければならない。
→関連項目スターリン批判

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone