コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集塵装置 しゅうじんそうちcollector

翻訳|collector

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集塵装置
しゅうじんそうち
collector

排出ガスから粉塵煤塵,ミストなどを捕集する装置。フィルタ,重力沈降,遠心力慣性,電気的沈降,シャワーなどを用いる方式があるが,一般的には,遠心集塵装置 (マルチサイクロン) ,重力集塵装置,洗浄集塵装置 (スクラバー ) ,ろ過集塵装置 (バックフィルタ) ,電気集塵装置などが,用途に合せて,単独または組合せて設置されている。東京都公害防止条例では,煤煙発生施設のうち高濃度の粉塵を排出するものには,集塵装置の取付けを義務づけている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

集塵装置【しゅうじんそうち】

気体中に浮遊する固体または液体の粒子を分離・捕集する装置。機能的には,粒子の自然沈降を利用する重力式(重力沈降室),遠心力を利用する遠心式(サイクロン),各種濾材(ろざい)を利用する濾過式,粒子を障害物表面に衝突・付着させる衝突式,電気式(電気集塵器),音波式(音波集塵器),洗浄液を用いるスクラッバー式などに分けられ,処理ガスに着目するときは,乾いた状態で集塵する乾式と,水などを用いて湿った状態で集塵する湿式に分類される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうじんそうち【集塵装置】

気体中に浮遊している粉塵などの微粒子を集めて取り除く装置。空気の清浄化や、ガス中の金属粉など有効成分の捕集、煙の有害成分の除去などに用いる。集塵機。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集塵装置
しゅうじんそうち
dust collector

排出ガスの浄化やプロセスガスの清浄化、粒子成分の回収など種々の目的のため、気体(おもに空気)中に浮遊するダスト(固体微粒子)やミスト(液体微粒子)を除去する装置の総称。集塵装置は、公害対策としてボイラー、焙焼(ばいしょう)炉、加熱炉、廃棄物焼却炉などの排出ガス中の煤塵(ばいじん)を除去するためのほかに、製造工業においてはIC工場、製薬工場などにおける空気清浄化による品質の向上、乾燥機からの食品、せっけんなどの製品の回収や、各種製造工程からの酸化亜鉛、カーボンブラックなどの回収のために取り付けられている。[早川豊彦]

種類と性能

集塵装置は、機械式、電気式、乾式、湿式など種類が多い。5ミクロン程度までは構造が簡単な機械式の乾式(重力沈降室、衝突式集塵装置、サイクロンなど)で、1ミクロン程度までは圧力損失の小さい(水柱100~300ミリメートル)スクラッバーscrubberで集塵できるが、サブミクロン(1ミクロン以下)まで集塵するものは大型で高価になる。処理ガス流量が毎分2000~3000立方メートル以上の大流量では、電気集塵機が動力費が小さく有利といわれ、それ以下の中小流量では乾式のバッグフィルターbag filter(袋状の濾布(ろふ)を用いる装置)が優れている。直管の中途を絞った管(ベンチュリー管という)をサイクロンに接続したベンチュリースクラッバーventuri scrubberは簡便で高性能だが、圧力損失が大きく、洗浄水の排水処理のため、気体の急冷とか吸収を兼ねる場合を除き、あまり用いられない。湿式電気集塵機は高性能だが、排水処理が必要なのと蒸発水分による絶縁劣化を防ぐため、気体を十分冷却しておく必要がある。[早川豊彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

集塵装置の関連キーワードクリーンコールテクノロジーカントリーエレベーター日本スピンドル製造サイクロン(機械)日立プラント建設ホソカワミクロンバッグフィルタバグフィルター混合セメント公害関連産業局所排気装置鯨井恒太郎宇部方式新東工業亜鉛華焼却炉集塵機接触法アマノ脱塵

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android