コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雇役制度 こえきせいどotrabotka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雇役制度
こえきせいど
otrabotka

ロシアで 1861年の農奴解放 (→農奴解放令) ののち,農民借地に対する地代代りに行なった労働。農奴解放は農民の身分的隷属を廃止したが,農民に対して十分な土地を分与しなかった。そこで農民は,自分の農具や家畜を使って地主の土地で農業労働をするという条件で,借地しなければならなかった。解放にあたって,地主のために労働力を確保しておくという意図が初めからあったためと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

雇役制度の関連キーワードロシア革命

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android