コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農奴解放令 のうどかいほうれい

2件 の用語解説(農奴解放令の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

農奴解放令【のうどかいほうれい】

1861年ロシア皇帝アレクサンドル2世の発した宣言および関連諸政令の総称。これにより身分的規制は解消されたが,土地取得は有償であった。そのため,農民の大半は債務を負って地主に対する隷属が強められ,また離村して都市労働者となるものも多かった。
→関連項目クリミア戦争農奴

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農奴解放令
のうどかいほうれい

ロシア皇帝アレクサンドル2世が発布した農奴解放の勅令。1853~56年のクリミア戦争における敗北は、農奴制ロシアの後進性を白日の下にさらけ出した。革新的官僚や軍人、一部知識人、さらに皇帝自身が、農奴制の廃止を含む根本的な改革の必要性を痛感した。政府は1858年、農民問題総委員会を、翌年1月には法典編纂(へんさん)委員会を発足させた。委員会は1860年10月には法案を作成し、それは若干の修正ののち1861年2月19日皇帝の署名を得て成立し、3月5日発布された。これによりロシア全土で約2300万人の農奴が解放された。農奴は人格的自由を得、土地を分与されたが、分与地に対しては地代の16.67倍にも上る額の支払い義務を負った。また分与地面積は不十分で、地主は一定規準以上の農民保有地を「切り取り地」として自らに確保し、農民には条件の悪い土地を分与した。農民は発布直後の1861年3~4月、ロシア各地で暴動を起こすことによって、解放令に対する自分たちの態度を表明した。解放令はロシアの資本主義発展のための条件をつくりだしたが、その不徹底性により、19世紀後半の社会的矛盾を激化させることになった。[栗生沢猛夫]
『菊地昌典著『ロシア農奴解放の研究』(1964・御茶の水書房) ▽ザイオンチコーフスキー著、増田冨寿・鈴木健夫訳『ロシアにおける農奴制の廃止』(1983・早稲田大学出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の農奴解放令の言及

【農民解放】より

…しかしこれは強制的ではなかったので,農民解放の完結は48年の革命を経たのちの50年3月の法律(物的負担の有償強制廃棄と地代銀行による償金支払の肩代り)を待たなければならなかった。(3)オーストリアでは18世紀の啓蒙絶対君主ヨーゼフ2世が早くも1781年に農奴解放令を出しているが,フランス革命以後の反動期に改革は停滞し,ようやく1848年の革命で遂行された(1848年9月の法律。隷農制は無償,物的負担は有償廃棄)。…

※「農奴解放令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

農奴解放令の関連キーワードアファナーシエフアレクセーエフ神聖同盟アレクサンドルアレクサンドリア文庫AIクプリーンシューベルト:葬送大行進曲 ハ短調/1 piano 4 handsシューベルト:英雄的大行進曲 イ短調/1 piano 4 handsアレクサンドロフ, アナトーリイタネーエフ, アレクサンドル・セルゲエヴィチ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone